読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cherish

思うことを思うままに。

個とグループ そしてLove-Tune

 

平野くんの雑誌での発言から、ファンの方が語り出した「個人とグループどちらを重視すべきか」について、私の思うことを思うままに綴りました。

また私がLove-Tuneにハマった理由に関わっているので今回Mr.KING、SixTONESの話を出しました。

2つのグループを下げてLove-Tuneを持ち上げるつもりではなく、私自身が思うことを書いただけなので不愉快でしたらスルーお願いします。

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ 

 

まず個人とグループどちらを重視すべきか。

私はグループだと思う。

それぞれが経験や力を持って帰ったら、グループのためにもなるし、それがきっと個人の活躍につながると思うからだ。

 

 

平野くんの週刊朝日での発言⇩

「コンサートはもちろんだし、個別の仕事も頑張りたい」

「個人でも力を磨いて3人集まったときに『最終的にはやっぱりMr.KINGだな』って思えるようなグループになりたい」

 

デビューしていない、ジャニーズJr.という立場での発言だと考えると頭がいいと思った。デビューしていない限り、すべての人がライバルだし、既存のグループでデビュー出来るとは限らないから。

でも…平野くんはグループから距離を置いているように感じるのは私だけ?

元々、他人に干渉しない人のように感じたからさほど違和感はないけれど、

Mr.KINGは3人という少人数グループなのに2人の姿さえ見えてない、見てないときがあるんだな〜とファンとしては悲しくなった。

この発言自体は大したことないかもしれない。けれど、私は、最近平野くんを応援していて感じていた違和感を、本人に言葉にされたことで違和感が明確なものと変わってしまった。

私事だけど私がMr.KING担をやめてLove-Tune担に、そして単独で髙橋海人くんを応援するようになったのはこれがきっかけだ。

ベクトルの向きが明らかに違う平野くんをどうしても応援できない。私には受け止められなかった。

 

 

 

SixTONESは個を重視するグループ。

いつかの雑誌で高地くんがこんなことを言っていた。

「うちのグループは各自確認。みんなでやろうというより、各自が責任感もってやりましょう…って感じかな」

グループとして統一してみんなが思ってやっていることならいいと思う。

これもひとつのグループの個性だから。

 

 

 

これは私の意見。

日本人って、言い方悪いけど仲良しこよしが好きな傾向あると思うんだよね。

メンバーで遊びに行っている遭遇情報見るだけで無意識に萌えるし、こんな語り合いをして仲が深まったとかなんとか聴いた日にはますますグループの沼に落ちるし。(主に私の話)

 

好き嫌いだと思うから直したほうがいいとは思わないよ。

でもバカレア組でグループ作りたいと盛り上がっている時、みんながグループのことを考えていて、もっと6人がひとつになっていた気がする…

11/2の少クラの すとらぶの情熱対決はきっと出るべきなのはジェシーくんではない。

グループをよく見ているなら気づけたはずじゃないかなって思うよ。話し合ってジェシーくんにしたなら何も言えないけど、きっとそうじゃないよね。ノープランな感じが伝わってきた。

 

でも北斗くんは実はグループ重視の人じゃないかな?きっと話し合いもたくさんしたいし、注意して、されて、お互いに高め合いたいはず。

個人重視のグループに納得してない。そんなことはない??

 

 

 

Mr.KINGもSixTONESも、みんなが同じベクトルの向きじゃないのにきつくないの?

 

 

 

 

そして私がハマってしまったLove-Tuneはグループ重視だった。

謎4のことも詳しいわけでもなく、他の人たちもドラマ、バラエティに出演してる時見るくらい。

個人には興味がなかった。

そんな私がどうしてLove-Tuneにハマってしまったのだろう。

 

Love-Tune結成前、雑誌でJ7として7人が出てきた時に直感がピンときたのが始まりだけれど、完全にファンになったのは、FIRE BEATパフォーマンスを見たあとに読んだ雑誌のおかげだった。

雑誌の中で彼らはグループが出来た喜び、そしてグループとしての未来を語っていた。

結成間もないのに、ここまでストレートに話してくれるグループいた!?そう思ったくらい、みんながグループとメンバーについて話してくれた。

雑誌の企画もタイミングも本当によかった。ありがとう(笑)

 

グループに所属することで個人の良さをここまで引き出せるなんて…。

今まで個人で戦ってきた人が多く、それぞれが違う経験をしてきたからこそ、グループを組むとここまで個人の意識も変わるのかと本当に驚いた。

そしてあんなに興味がなかった個人にまで注目してしまう自分にもとても驚いた。

 

 

「爪痕を残す」「グループに持ち帰る」

個人→グループ 

ベクトルの向きが同じ7人だからいい。

あぁ、ハマった理由はこれなんだと思った。

 

笑顔でメンバーの話を聞く姿、

メンバーの成長を素直に喜んで、自分も負けてられないと高め合う姿、

Love-Tune会議で意見に対しての意図を求める姿。

すべてはグループを1番に思っているから出来ることだろう。

 

グループって素敵だ。

Love-Tuneって素敵だ。

 

ついでに安井くんの名言も載せておく。

 

「俺ら運命共同体だけど今日はオレこっちだから!」

 

 

私が今好きなのは、

Love-Tuneを好きなLove-Tuneだ。